WORKS TOPへ 
古参マンションのローコストリフォーム   
            
築後40年が経過した古いマンションは、9階建て全49戸と建築規模は大きいが、3LDKの間取りは
一戸当たり床面積48uと家族向けとしては狭く、天井も低く、遮音性能も劣っている。
上下両隣を互いに気づかう暮らしは、どこか長屋的な穏やかな雰囲気を漂わせている。
テレビを持たない両親の生活スタイルをものともせず、子供達はお隣の老夫婦宅に上がり込みテレビを見せてもらう
“暮らしの知恵”をいつのまにか身に付けている。
自己完結型のハイスペック新築マンションとは対極的な、現状を容認した上でのローコストな改修計画。
細分化されていた各個室をLDKへとワンルーム化し、さらに動線を回遊化させることにより、風通しよく一体感ある住まいとした。
四方柾の桧柱と七島藺草の畳で仕切られた小さな子供部屋には、施主からの希望により、
ご実家から譲り受けた古建具を組み込んだ。


■所在地/倉敷市鶴形
■施工 /(株)久山建創

          copyright(c)2007-2014 NishinaArchitect All Rights Reserved.