WORKS TOPへ 
酒津の家   1        





                              next→
一軒に込める地域再生への思い
大らかな風土の中にありながら古くからのお屋敷群がひとつずつ姿を消していき、細分化した更地に
新築住宅が増え続ける周辺環境。そこに建つことになる一軒の新しい家はどのような「振る舞い」で
この地域に現れるべきか。
風土に根ざした素材、落ち着いた色彩、控えめな屋根の高さや勾配の組み合わせ、深い軒、窓から溢れる
温かい灯り、家を包む垣根のない小さな庭が家と街を結び、心豊かな交流のきっかけを与えてくれる。
そのような一軒の家の振る舞いが街の再生を呼び掛け、地域の暮らしを豊かに変え、地域に愛される存在となる。
そのような理想の想いを込めた計画。


■所在地/倉敷市酒津
■施工 /潟アハウス
copyright(c) NishinaArchitect All Rights Reserved.