WORKS TOPへ 
整骨院店舗         







  next→
本店舗建設に先立ち、一年間のみ使用する整骨院の仮店舗として計画された。
整骨院としての使用に十分応えながら、仮使用後は速やかに他の用途に転用しやすいローコストで長寿命の建物であることが
設計の与条件であった。
用水に取り囲まれた変形敷地において前面に駐車場、駐輪場を最大限確保しつつ、敷地を有効に使い切った平面計画となっている。
美容院、カフェ、住宅等、多様な転用プランをあらかじめ描きながら計画を進め、間仕切り壁は取り外し可能な落し込み板方式としている。
現在は、想定された用途の一つ、美容院へとスムーズに転用されている。
整体される患者さんは外の景色を楽しみつつ、プライバシーを守るために高床としたが、このことが美容院への転用時、床下での
給排水設備工事を容易にし、自由な機器レイアウトを支えた。

■所在地/倉敷市浜ノ茶屋
■施工 /樺本屋工務店

copyright(c)2007-2014 NishinaArchitect All Rights Reserved.